We Margiela


We Margiela
(オランダ/2017年/監督:メンナ・ラウラ・メイール/103分)
 
ここ最近、ファッションデザイナーの軌跡を辿る
ドキュメンタリーの公開が相次いでいた中
ついに「メゾン マルタン マルジェラ」の映画が公開となるとのことで
一足早く鑑賞して参りました。
 
 
この映画では匿名性を貫いてきたデザイナー マルタン・マルジェラの輪郭から
ゆっくりと描き出され、ブランドの本質に迫るドキュメンタリー。
 
マルジェラが持つブランドの世界観、
その全てがファッション性よりも
コンセプチャルでアート性が高く
何にも例えられない唯一無二のブランドであることは確かです。
私も僭越ながら、ブランドの静かなるファンであります。
 
メゾン マルタン・マルジェラの共同創設者だったジェニー・メイレンスによる
ブランド設立からこれまでの貴重な話や
アトリエのメンバーがそれぞれの立ち位置でマルタン・マルジェラやブランドそのものについて語られていきます。
 
正にこのタイトル通り「We」であることに拘ったマルジェラの信念。
ブランドの核心と本作の描き方がとても良くリンクしていたように思います。
 
 
私はアニー・リーボヴィッツがマルジェラのチームの撮影をする
シーンが一番印象に残りました。
マルジェラを象徴する良きシーンです。
 
彼の言葉で「存在しないことで存在する」
と言う表現が実にマルジェラらしいのではないでしょうか。
 
ブランド初期から異端児と呼ばれ、
徐々にその支持を集めパリで認められるようになるまで
アーティストしての正当な評価と
それを継続していくことの難しさを学ぶ103分です。
 
必ず観るべき作品だと思います!
是非。
 
 
公開は2月8日(金)より
Bunkamura ル・シネマほか
全国順次公開です。